木の飾り

食事の栄養と欲求の本当の意味

皆さん、「芸術家」のことを考えてみないかい?そんなに敬遠するような事って無いと思うんだよ、「美容師」の特徴とかはね。

木の飾り

控え目にお喋りする家族とよく冷えたビール

台湾出身のビビアン・スーは、美しくて賢い女性だ。
すでに30代後半なんて、まったく信じることが出来ない。
昔見たTV番組で、印象に残っているのが、ビビアン・スーが、米国人からのインタビューにアンサーしていた姿。
まだ学習中みたいだったけれど非常に熱心だった。
今頃英語だけでなく日本語だって、すっかりペラペラなんだろうなーとみている。
ビビアンの驚くべき素敵さは目を見張る位深い。

気分良くお喋りするあなたとファミレス
よく聞く音楽家はたくさんいるけれど、近頃は外国の音楽ばかり購入していた。
しかし、邦楽の歌手の中で、大ファンなのがチャラだ。
CHARAは多数の曲を世に送り出している。
代表的なのは、FAMILY、月と甘い涙、罪深く愛してよなんか。
国内数えきれないくらいアーティストが知られているが彼女は彼女は周りに負けない個性がピカピカと見られる。
日本国内には、海外で活躍するアーティストも多いが、彼女も人気が出るような気がする。
「あたしなんで抱きしめたいんだろう?」「あたしを無人島に持って行って」
こんなフレーズが作られることにビックリする。
ほとんど作詞作曲もしていて私の意見としてはクリエイティブでカリスマっぽい魅力がある存在だ。
ジュディマリのYUKIとコラボレーションし、出した、「愛の火、3つ、オレンジ」も、最高。
格好良かったから。
誰もが一度は思う、思われたい感覚の事を、工夫してキャッチフレーズのように表しているから。
キャッチフレーズコンテストなんかに入賞されそうだ。

泣きながら熱弁する妹と冷めた夕飯

有名司会者が電撃引退したことによって、ネットやニュースでたくさん報道しているが、ものすごくすごいです。
また変わる首相が誰に決まるかという話より報道では順序が速かった。
どのような人が日本の総理になっても変わらないって思うのもすごくいるし、そんなことより有名司会者が芸能界を引退というほうが何かしら影響がでそうなんですかね。

前のめりでお喋りする彼と失くしたストラップ
今日は少年は、小学校の給食係だった。
マスクと帽子を着け、白い割烹着を着て、他の給食当番達と、給食を給食室に取りに行った。
今日の主食は、ご飯ではなくパン。
バケツみたいに大きな蓋付きの鍋に入ったシチューも。
少年は、一番重たい瓶入り牛乳は、男子が持たなければならない、と考えていた。
クラス皆の分だから38本ある。
だから自分が、バットに入った38本の牛乳を持ったけれど、同じ給食当番のフーコちゃんが一緒に運んでくれた。
重たい瓶入り牛乳を女子には持たせたくはなかったけれど、同じクラスでも一番かわいいと思うフーコちゃんと教室まで一緒に歩ける、と思った少年は、ちょっとドギマギしながら、何も言わずに2人で牛乳を持って行くことにした。

勢いで口笛を吹く兄さんと枯れた森

見物するためにめっちゃ長く長く歩き進まなくてはならない動物園は、盆近くは非常に蒸し暑くて疲れる。
知人と奥さんと子供と自分と妻と子供ともども連れだって入ったが、すごく日差しも暑くてしんどかった。
めちゃめちゃ日差しも暑いので、キリンもトラも他の動物も多くが行動していないしし、奥の影に潜んでいたりで、ほとんど観察出来なかった。
次は、建物内で日陰もある水族館などが天気もよく暑い日はいいかもしれない。
娘が大きくなったら季節限定の夜の動物園や水族館も良さそうだ。

天気の良い木曜の昼は食事を
夏休みも半分ほどたった頃の日暮れ前。
「カンけり」で鬼役をしている少年は、とてもお腹が減っていた。
捕まえても捕まえても、カンを蹴られて捕まえた友達が脱走するので、もう今日の缶けりは終わらないんじゃないかと途方にくれていた。
へとへとにつかれて家に帰ると、扉を開けた瞬間に今日の晩御飯が判明した。
メチャンコ美味しそうなカレーの香りに、少年は笑顔になった。

蒸し暑い仏滅の午後は冷酒を

5年前から、南九州に住んで台風の直撃をものすごく気にかけることになった。
強風が全然違うからだ。
長崎に住んでいたことも千葉に住んでいたこともあるけれども、しかし、台風の風の強さが全然違う。
サッカーのゴールが転がっていくと聞いたときは、オーバーだと思ったが、本当だった。
暴風域の猛威がすごい台風が通過した後は、高いヤシや大木は倒れ、海の横の道は海からのゴミでいっぱいで車で走るのにも道を選ばないと通れない。
海沿いの家や旅館では、車のガラスが破損したり、家のガラスが割れ、天井が飛んだりと本当かと考えていたようなことを目撃した。
直撃せずにかすめていくだけでも風はとても強く、古い民家に住んでいると家の揺れる音がとっても心配してしまう。

無我夢中でダンスするあなたと観光地
セミ鳴き声もやんだ夏の夜。
少年は家の縁側に座って、西瓜をほおばっていた。
西瓜をかじっては種を庭に向かって吐いていると、ときどきタネが飛ばずに、自分の足に落ちる時もあった。
隣に置いたかとり線香の匂いと、風の吹かない蒸し返す夜、それから西瓜の味。
少年はそんな事を感じながら、明日はどんなことして遊ぼうかな、と思っていた。

勢いでお喋りする兄さんと紅葉の山

北方謙三さんが書いた水滸伝の人間くさく男らしい登場キャラクターが、オリジナル水滸伝の108星になぞらえて、主要な人物が108人でてくるが、敵方、権力側の登場キャラクターも人間味あふれているのがいて、血が通っていると感じる。
登場キャラクターに人間くさい弱さが見えるのも加えて、われを忘れるほどはまっていたわけだ。
弱いなりに自分の目標とか未来の為に出来るだけ悪戦苦闘しているのが読み進めていて熱中する。
読みとおしていておもしろい。
でありながら、魅了される人物がひどいめにあったり、夢がなくなっていく話も胸にひびくものがあるから心ひかれる歴史小説だ。

湿気の多い祝日の晩は食事を
少年は夜中の三時に眠りから覚めてしまった。
夏休みに入って1週間ほど経った夏のことだった。
あまりの暑さに寝が浅かったのだろうか。
扇風機は部屋の空気を混ぜているだけで、ちっとも涼しさを感じない。

寝れないし、お腹も減ったので、少年は大好物のカレーを作ろうと思った。
冷蔵庫を開け、肉と野菜を準備して、料理し始めた。
空が明るくなってきた頃、少年の家からは、芳ばしいカレーのいい匂いが漂ってきた。

木の飾り

コンテンツ

木の飾り
Copyright (c) 2015 食事の栄養と欲求の本当の意味 All rights reserved.
木の飾り